MENU

和食でダイエット

 

ダイエットのために、いろいろと工夫を凝らして三度三度のダイエット食を用意するのは、とても大変なことです。日本には、「和食(日本食)」という世界に誇れる立派なダイエット食があるわけですから、あまり難しく考えず、和食中心の献立を心がけるようにしてみてはどうでしょうか?

 

主食となるご飯には、玄米を使うのが理想的です。玄米には、精白米には含まれていないさまざまな栄養素が含まれているため、ダイエット中の体の不調を防ぎ、栄養バランスを整えてくれる効果が期待できます。玄米に、いろいろな雑穀を混ぜて炊くことを習慣とするのも良いでしょう。白米に混ぜて炊ける発芽玄米を活用するのもひとつの方法です。どうしても玄米が食べにくいという人は、三分づきや五分づきにしてみてはいかがでしょう。ダイエット中は炭水化物は食べないことにしているという人もいるかもしれませんが、栄養豊富な玄米は、少量でもダイエットを手助けしてくれるありがたい存在ですから、活用してみたいものです。

 

ただし、どんなに健康的な和食でも、食べ過ぎは禁物です。ダイエット中ではなくても、昔から言われているとおり「腹八分目」を守るのが、体のためには良いことであると言えるでしょう。

 

 

 

 

ダイエットと基礎代謝

 

効果的にダイエットをするためには、「基礎代謝」についての知識を持っておくことが大切です。

 

「基礎代謝が少ない」ということは、即、肥満の原因に結びつくものです。基礎代謝とは、横に寝て全然体を動かしていない状態でも、さまざまな生命活動のために常に使われているエネルギーのことをいいます。この基礎代謝は個人によって差があり、10代後半位までは年々増え続け、それ以降は低下することになります。人によって差はありますが、40歳を過ぎると急激に下降することが多く、年とともにダイエットが難しくなる原因のひとつと考えられています。

 

また年齢を重ねるにつれて、多くの人の場合、運動量も筋肉量も減ることになり、体脂肪率がじわじわと上昇しはじめます。ですから、ダイエットプランを立てる際には、若い頃と同じ方法をとるのではなく、自分の実年齢に見合ったダイエット方法を考えることも大切になります。

 

肥満を防ぎ、効果的にダイエットをするためには、基礎代謝をあげることが必要不可欠と言えるでしょう。無理な減量によるダイエットではなく、食生活の改善と適度な運動を組み合わせることによって筋肉量を増やし、体脂肪を減らすことが重要となります。

 

 

 

 

ダイエット法の選び方

 

ダイエットのやり方にはいろいろなものがあります。人間の体にも、一人一人いろいろな特徴や個性があります。その人に合ったダイエット方法はそれぞれ異なるわけで、身近にいる誰かがやってみて、「とても簡単に体重を落とすことができた!」というダイエット方法が、自分には全く効かなかったというケースも考えられるのです。全ての人が、同じ方法でダイエットできるというわけではないため、流行している話題のダイエット法を試す場合には、その点によく注意する必要があります。流行っているからといってすぐ飛びつくのではなく、よく吟味する姿勢が大事となるでしょう。

 

夏が近付く時期などには、ついつい無理なスケジュールのダイエットを計画したりしてしまいがちなものですが、ダイエットには、時間がかかることも多いものです。体に負担をかけないようによく注意して、ダイエットプランを作成するのが賢明でしょう。また、ダイエットの方法を選ぶ場合には、自分の体質や体型のほか、性格なども考慮に入れたうえで決断することが大切です。ダイエットを始めてからでも、とても辛いと感じるものや、続けることに困難を感じるものは、自分に合わない判断して、早めに見切りをつけたほうが良い場合もあります。

 

 

 

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン10
2カードローン 審査10
3審査のゆるいキャッシングはあるのか?10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査のゆるいキャッシングはあるのか?10
2カードローン 審査10
3カードローン10